長期投資を
知らないで損する人
から、
始めて得する人
へなろう!

ニーサ(NISA)って何?
ココはみんなチェック!

簡単に言うと…
 ①投資をするための口座
 ②利益に対して、税金がゼロ!

ほとんどの方が、銀行の預金口座って持っていますよね。預金口座は、お金を預けておくことに使用します。それと同じように、投資をするために使用する口座がニーサなんです。

銀行預金には、利子(預けていたお金に対してつく利益)がもらえます。この利子を受け取るとき、税金が20%も取られてしまうんです。もし、1万円の利子がもらえるとしたら、手取りは8千円になってしまいます。ニーサで投資していれば、この20%の税金が0%になるんです。1万円の利子(利益)がもらえるとしたら、手取りは1万円になるんです。

このニーサは、日本に住んでいる20歳以上の人であれば誰でもできるんです!

イデコ(iDeCo)って何?
ココは多忙会社員・多忙女子・多忙自営者は
チェック!

簡単に言うと…
①所得税や住民税を減らして、
手取りを増やせる制度

②利益に対して、税金がゼロ!

イデコは、少し難しいのでざっくり見ておきましょう。

イデコは個人型確定拠出年金と呼ばれているもので、投資するための口座です。多忙リーマンや多忙女子や多忙自営者の方は、所得税や住民税を支払っています。この税金は、課税所得(年収から各種控除を引いたもの)に対して、○○%と決まっています。イデコで投資した場合、その金額は控除に含めることができます。課税所得を少なくして、税金を減らすことができるんです。つまり、手取りを増やせます。

またイデコは、ニーサと同じように利益に対して税金がゼロです。

国からの裏メッセージに
気がつこう!
ココはみんなチェック!

ざっくり言うと…
①これからは年金だけに頼らないでね!
②税金安くするから、自分でも努力してね!

なぜ、ニーサやイデコの制度ができたのか?

一つの理由に、これからは年金(公的年金)だけに頼れないからです。年金は、ざっくり言うと20歳から60歳の働ける世代が年金保険料を支払って、それをこれまで国を支えてきた65歳以上の世代の生活費にあてるという制度です。

年金保険料を支払う世代が減り、年金を受け取る世代が増えているので、年金にあてるお金が減っています。このままだと、崩壊する可能性があるので、国はみなさんに「年金だけに頼らないでね、でも税金を安くするから、自分でも努力してたくわえを作っておいてね」と言っているわけです。このメッセージに今気がつきましょう。

投資に
これまでの学歴は関係なし!
ココはみんなチェック!

投資は、「難しい」や「頭が良くないとできない」ってイメージがないですか?

一部の投資はそうかもしれません。でも、これからみなさんが学習する投資は、投資信託を活用した積立投資(長期投資)というものです。これは、簡単なんです。インターネットを使ったことある人なら誰でもできます。

大切なのは、投資を知らないままでいるか?知って始めるのか?というだけです。これまでの学歴は一切関係ないということです。図で示した例は、銀行で貯金だけしている人と、投資を始めている人の30年後の差をシミュレーションしたものです。その差は明らかです。30年後、みなさんが「あのとき、投資を学んでおけばよかった」と後悔するのを避けるために、ニーサスクールがあるんです。

でも、投資やったことないし…
みんな同じ思いです。

Voice

  • そもそも具体的な投資のやり方が
    わからない
  • 口座開設のやり方がわからない
  • 投資信託(ファンド)の選び方が
    わからない
  • 損しそうで手が出せない・・・
  • 大きいお金が必要なんでしょ!
  • なんだか投資って複雑で面倒そう・・・

でも大丈夫!

ニーサスクールで
長期投資の
正しい知識

自分でできる手法
(投信の選び方)を

学びましょう!