積立・実績シミュレーション|ハッピーエイジング30(アクティブ運用)|積立ニーサ対象商品

こんにちは。
積立・実績シミュレーションのコーナーへようこそ。このコーナーでは、積立ニーサの対象商品に選出されたファンド(投資信託)について、その過去実績を元に積立投資したときのリターンをシミュレーションしています。ぜひ、ファンド選び、ファンド比較に活用してください。

積立ニーサについて、詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

 

本ページでは、ハッピーエイジング30(アクティブ運用)をシミュレーション対象としています。解析日は、2017年12月12日です。

1ファンド情報

【ファンド名】

ハッピーエイジング30

【運用会社】

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント

【運用開始】

2000年7月31日

【ファンドの特徴】

  1. 国内株式・国内債券にとどまらず世界各国の株式及び債券に積極
    的に分散投資を行うことによって、リスクを軽減しつつ信託財産の着実な成長と安定した収益の確保を目指します。
  2. 長期的な視点から基準資産配分比率を決定し、当該比率をめどに
    投資を行います。基準資産配分比率は、次の手順で決定、見直しを行います。
  3. 国内外の株式の基準組入比率を70%とするファンドです。
    5つのファンドの中では比較的高いリスクをとり適度に高い収益を目指します。資産の成長性を重視した運用をお考えの方に適したファンドです。
  4. 各ファンドの運用は、以下の個別資産毎のベンチマーク(運用を評価するための指標)を基準資産配分比率で加重平均したものを総合ベンチマークとし、これを上回る運用成果を目指します。

【ファンドのポートフォリオ】

  • 国内株式  :44%
  • 外国株式  :21%
  • 新興国株式 :5%
  • 国内債券  :8%
  • 外国債券  :20%
  • 短期資産  :2%

【ファンドのコスト】

  • 買付手数料  :0円
  • 信託報酬   :1.566%/年
  • 信託財産留保額:0%

【年間収益率の推移】

2基準価額の推移

基準価額(きじゅんかがく)の推移は、2000年7月31日~2017年12月12日を示しています。

3実績シミュレーション

月2万円の積立投資していた場合、各期間(1年、3年、5年、10年、15年)での実績を分析しています。

3-1 1年間積立投資した場合

期間    :2016年12月~2017年11月
買付日   :毎月1日
元本    :24万円
利益    :2万円(+8.3%
リターン  :8.3%/年
平均購入単価:14,117円/1万口
保有口数  :17.00万口

3-2 3年間積立投資した場合

期間    :2014年12月~2017年11月
買付日   :毎月1日
元本    :72万円
利益    :12万円(+16.7%
リターン  :5.6%/年
平均購入単価:13,182円/1万口
保有口数  :54.62万口

3-3 5年間積立投資した場合

期間    :2012年12月~2017年11月
買付日   :毎月1日
元本    :120万円
利益    :34万円(+28.3%
リターン  :5.7%/年
平均購入単価:11,943円/1万口
保有口数  :100.48万口

3-4 10年間積立投資した場合

期間    :2012年12月~2017年11月
買付日   :毎月1日
元本    :240万円
利益    :142万円(+59.2%
リターン  :5.9%/年
平均購入単価:9,623円/1万口
保有口数  :249.41万口

3-5 15年間積立投資した場合

期間    :2012年12月~2017年11月
買付日   :毎月1日
元本    :360万円
利益    :215万円(+59.7%
リターン  :4.0%/年
平均購入単価:9,581円/1万口
保有口数  :375.75万口

【ご留意事項】

  • 図のデータは過去実績であり、将来の収益を保証するものではありません。
  • 数値の切り捨て、切り上げ、及び分配金は考慮していないため、実際の数値と異なる部分があります。
  • 最新情報は、目論見書をご覧ください。

4まとめ

ハッピーエイジング30で月2万円積立投資した場合、1年間なら2万円、3年間なら12万円、5年間なら34万円、10年間なら142万円、15年間なら215万円の利益が得られた。