投資信託にかかる費用(手数料)|初心者にわかりやすく解説します

投資信託を購入しようと思うけど、どんな費用(手数料)がかかるのか?気になりますよね。主に3つの手数料がかかります。ここ、資産形成にとって、とても大切です。

長期投資初心者のあなたのために、長期投資オンラインスクール・ニーサスクールがわかりやすく解説します。

1 投資信託にかかる費用(手数料)

3つの手数料がかかります。

  1. 購入時手数料
  2. 運用管理費用(信託報酬なんて言ったりします)
  3. 信託財産留保額

一つずつ簡単に解説します。図1を見てください。投資家という部分があなたです。

図1

購入時手数料は、投資信託を買うときに販売会社 (証券会社、銀行、保険会社など)に支払う手数料です。この手数料は、販売会社が決めるので、同じ投資信託 (ファンド)でもどこで買うかによって金額が異なります。

運用管理費用とは、運用会社、販売会社、受託銀行 (信託銀行)が行う仕事に対する報酬として支払います。その金額は、あなたが持っている投資額に対して年○%と決まっています。ファンドを買ってから売るときまでかかるコストです。

信託財産留保額は、ファンドを売るときにかかるコストです。このコストは、解約者の投資信託の価格から差し引かれます。

2 投資信託を購入したとき、あなたの利益と損失はこう決まる

とても大切な話をします。投資信託を購入したときのあなたの利益と損失についてです。

あなたの利益や損失は、式1から成り立っています。投資信託の費用の部分をより詳しく分解すると、式2から成り立っています。

(式1)あなたの利益または損失=(ファンドの利益または損失)―(投資信託のコスト)

(式2)あなたの利益または損失=(ファンドの利益または損失)―{(購入時手数料)+(運用管理費用)+(信託財産留保額)}

 

例えば、あなたが買ったファンドが、年10%の利益を出しました。このファンドの投資信託のコストは3%でした。この場合、あなたの利益は10%ー3%=プラス7%となります。

もし、このファンドが年に2%の利益を出した場合、あなたの利益は2%ー3%=マイナス1%となります。

ここで言いたいのは、ファンドがどんなに利益を出していても、投資信託にかかるコストが大きすぎれば、あなたは損をする可能性が高くなるということです。

式1のように、あなたの利益または損失を考えるときには、ファンドの利益または損失だけでなく、あなたが支払うコストにも着目しておく必要があります。

 

では、どうすればできるだけあなたの利益を最大に、損失を最小にできるのでしょうか?

ボクの答えは、「必ず、購入時手数料が0円のファンドを買おう!」です。

これは、当スクールでもお伝えするファンドの選び方の一つです。購入時手数料が0円のファンドは、ノーロードファンドとも呼ばれています。

購入時手数料というのは、あなたが投資するたびにかかってしまいます。例えば、あなたが1万円投資するとしましょう。Aファンドの購入時手数料は3%、Bファンドの購入時手数料は0%です。Aファンドを購入した場合の購入時手数料は、1万円x3%=300円で、あなたのAファンドへの投資額は10,000―300=9,700円分となります。

一方、Bファンドを購入時手数料は0円で、あなたのファンドへの投資額は10,000―0 =10,000円分となります。

この300円の差は小さいと思うかもしれません。しかし、1か月に1万円ずつ1年間投資した場合、あなたは投資を開始している時点で、300円x12=3,600円分消費していることになります。これが10年となると36,000円、20年となると72,000円分消費し、投資に使われていないことになります。

これでは、ファンドが利益を出したとき、あなたの利益が少なくなります。一方、ファンドが損失を出したときに、あなたの損失が上乗せされます。

このリスクを回避するためにも、必ず購入時手数料が0円のファンドを購入しましょう。ノーロードファンドはそんなにあるの?と思われる方がいるかもしれせん。安心してください、結構たくさんあります。例えば、インターネット証券のSBI証券では、ノーロードファンドを1139種類扱っています(2017年8月20日時点)。楽天証券では、ノーロードファンドを1155種類扱っています(2017年8月20日時点)。他にも、証券会社を介さない独立系投資信託会社(直販)とよばれるものあります。具体的には、さわかみ投信、セゾン投信、コモンズ投信、ひふみ投信などです。これら以外にもあります。

3 まとめ

投資信託の費用(手数料)を理解していただけただろうか?購入時手数料、運用管理費用、信託財産留保額の3つかかるとお伝えしました。

そのうち、投資信託を選ぶ際には購入時手数料が0のノーロードファンドから検討するのが良いと考えています。他にも選び方のポイントも教えているが、最も重要な点はこの部分です。ぜひ参考に長期投資に活かしてほしい。