2月13日はニーサの日|2018年ニーサ、ジュニアニーサ、積立ニーサ口座利用者数は?

2月13日は何の日かご存知ですか?語呂合わせで、ニーサの日です。2018年2月13日には色々なところでセミナーなどイベントがありました。ニーサができて早4年、ジュニアニーサができて2年、そして積立ニーサができて2ヶ月です。

みなさんは、もうニーサ始めてますか?積立ニーサ口座は、2017年末時点で19.6万口座開設されたそうです[日本証券業協会]。2018年最新版のニーサ口座、ジュニアニーサ口座の利用者数をまとめています。この4年間でどれくらい増えたのでしょうか。

ニーサ口座利用者数

ニーサ口座は平成26年(2014年)からスタートしました。

利用者数の推移を図1に示しました。ニーサ口座スタート1ヶ月目は、279万口座でした。それが約4年を経て1.9倍の540万口座になりました。この数字は、20歳以上の20人に1人が口座を開設したことと同じです。

図1

次に、総買付金額を図2に示しました。1ヶ月目は2333億円で、それが累計で6兆円もの買付がありました。

図2

※図は、日本証券業協会「NISA及びジュニアNISA口座開設・利用状況調査結果(H29.11)」より作成。

ジュニアニーサ口座利用者数

ジュニアニーサ口座は、平成28年(2016年)からスタートしました。

利用者数の推移を図3に示しました。ジュニアニーサ口座スタート1ヶ月目は、4.2万口座でした。それが約2年を経て2.8倍の11.5万口座になりました。この数字は、19歳未満の子供の200人に1人が口座を開設したことと同じです。

図3

次に、総買付金額を図2に示しました。1ヶ月目は18億円で、それが累計で375億円もの買付がありました。

図4

※図は、日本証券業協会「NISA及びジュニアNISA口座開設・利用状況調査結果(H29.11)」より作成。

積立ニーサ口座はこれから徐々に認知度も高まっていくと思います。今後もニーサスクールでは、ニーサを活用した長期投資を始める方をサポートしていきます。目指せ!5人に1人です。

関連記事