楽天証券のニーサ口座で投資信託を積立購入する方法|超初心者でも1から10までわかる

よし、楽天証券でニーサ(nisa)口座も開いたし、積立投資をはじめるぞ!

ちょっと待って、口座を開いたのはいいけれど、どうやって投資信託の積立購入をすればいいの?

そんな超初心者のあなたのために、長期投資オンラインスクール・ニーサスクールが1から10までわかりやすく解説します。[2017.9.12時点]もし、不明点があればお気軽にお問い合わせください。

1 まずは、証券口座への入金からスタート

まずは、購入するための準備として証券会社の口座に入金する方法から学んでいきましょう。

1.下記のリンクをクリック、またはインターネットで「楽天証券」を検索して、トップ画面からログインします。すると、画像1が表示されますので、「入金」(赤枠)をクリックします。

楽天証券

画像1

2.すると、リアルタイム入金の画像2が表示されます。ここでは、楽天銀行のらくらく入金を使用する場合で説明しますので、「楽天銀行(らくらく入金)」(赤枠)をクリックします。他の銀行から入金したい場合は、その銀行を選択し表示される方法に従ってください。楽天銀行を使う方は、銀行の方にお金を入れておくのを忘れずに。

画像2

3.すると、画像3が表示されます。「入金額」(赤枠)に入金したい金額を入力し、「確認」(緑枠)をクリックします。

画像3

4.すると、らくらく入金/確認の画像4が表示されます。問題がなければ、「楽天証券の取引暗証番号」(赤枠)を入力し、「振込」(緑枠)をクリックします。

画像4

5.すると、受付完了の画像5が表示され完了します。

画像5

2 投資信託の検索方法

ここでは、詳細は説明しませんが、楽天証券にログイン後下記の赤枠部分(画像6)から、色々な投資信託を検索できます。

画像6

3 投資信託の積立購入の方法

次に、購入するファンドの積立設定をしていきましょう。

1.楽天証券にログインした状態で、購入したいファンドの画面を表示させます。ここでは、「三菱UFJ国際―eMAXISバランス(8資産均等型)」を表示させています(画像7)。「積立」(赤枠)をクリックします。

画像7

2.すると、初めて積立を利用する場合は、積立約款同意状況の画像8が表示されます。「閲覧する」(赤枠)をクリックします。

画像8

3.すると、画像9が表示されます。内容確認の上、「同意」(赤枠)をクリックします。

画像9

4.すると、積立設定の画像10が表示されます。積立設定の「設定」(赤枠)をクリックします。

画像10

5.すると、画像11が表示されます。目論見書の内容を確認し、「次へ」(赤枠)をクリックします。

画像11

6.すると、ご注文内容の画像12が表示されます。「積立金額」の部分(赤枠)に毎月積み立てる金額を入力します。「決済方法」の部分(赤枠)は、ここでは証券口座を選んでいますが、毎月積み立てる日を選択します。自分の好きな日を選択しましょう。「口座区分」の部分(赤枠)は、「特定」、「一般」、「NISA」から選択します。

画像12

7.画像12を下の方にスクロールすると、画像13が表示されます。「目論見書」と「約款」の部分(赤枠)にチェックを入れます。最後に「確認」(緑枠)をクリックします。

画像13

8.すると、積立設定の確認の画像14が表示されます。内容に問題がなければ、「取引暗証番号」(赤枠)を入力し、「設定」(緑枠)をクリックします。

画像14

9.すると、画像15が表示され、積立設定が完了します。

画像15

関連記事