SBI証券で1年の途中から積立ニーサ枠を使い切る積立設定方法

2018年1月から、新しい税金優遇制度、積立ニーサ口座がスタートしました。

前回スムーズに積立変更できるように、SBI証券で積立ニーサ口座で積立設定の変更方法について解説しました。今回は、1年の途中から積立ニーサを始める方が、積立ニーサ枠(年40万円)を使い切る積立設定方法について解説していきます。[2018.6.25時点]すでにSBI証券で積立ニーサ口座を開いていることを想定しています。

1 積立ニーサを1年の途中から始める際の注意点

積立ニーサは、1年で40万円まで積立投資することができます。1年で40万円ということは、毎月積立設定なら最大33333円/月(40万÷12ヶ月)、毎日積立設定なら最大1666円/日(40万÷240営業日)の枠を利用できます。これは2018年1月(年初)から積立ニーサで投資した場合です。

1年の途中から積立ニーサを始める場合で、40万円フルで使い切りたい場合は設定が必要です。もし、設定をしない場合、例えば2018年7月から積立ニーサを始める場合について考えてみましょう。積立期間は2018年7月から12月まで6ヶ月間なので、33333×12ヶ月=約20万円分だけを使うことになります。積立ニーサ枠は、翌年には繰り越しできないので、残りの20万円分は使わないことになります。もちろん各家計の事情によって決めればよいです。

40万円フルで使い切りたいという方は、次項で手順を解説します。

2 積立ニーサ枠を使い切る積立設定方法

1.下記の記事を参考に、「つみたて条件設定」の画面(画像1)まで進みましょう。

SBI証券で積立ニーサ口座で積立設定の変更方法

2.「つみたて条件設定」の画面(「毎日投資設定」の場合)において、「NISA枠ぎりぎり注文設定」(赤枠部分)の「する」にチェックを入れます。設定金額に表示された上限に合わせ、金額を入力します。「試算する」ボタンを押すと、残りNISA設定金額(緑枠)と、1カ月あたりの概算金額(オレンジ枠)が更新されます。月最大投資額33333円を超えて設定されているのがわかります。

最後に、取引パスワードを入力して確認画面へ進みましょう。

(画像1)

3.確認画面において内容を確認し、「確定する」で完了です。

関連記事

SBI証券で積立ニーサ口座を開く手順

SBI証券の積立ニーサ口座で投資信託を積立購入する方法

SBI証券の積立ニーサ口座におけるファンド積立設定の変更・解除方法