投資信託とは(仕組み・メリット・デメリット)|初心者にわかりやすく解説します

最近「投資信託、投信、ファンド」という言葉を聞くけど何なのか、どういう仕組みなのか、活用するメリット・デメリットは何か、よくわからないという方はいませんか?

長期投資初心者のあなたのために、長期投資オンラインスクール・ニーサスクールがわかりやすく解説します。「投資=難しい」というイメージがあるかもしれません。でも、本当に知っておくべき知識は少ないです。本質(エッセンス)をこのページでは伝えています。

1 投資信託(ファンド)とは?|仕組み

簡単に言うと次のようになります。

「みなさんから集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、運用の専門家(ファンドマネージャー)が株式や債券などに投資・運用する商品」

図1を見てください。投資信託の商品をファンドと呼びます。

例えば、Aさんはこのファンドに1万円、Bさんは5千円、Cさんは3千円投資したとしましょう。このお金をファンドマネージャーが、購入する株式の選択、株式の購入と売却など、ほぼすべてを管理 ・運用してもらえるということです。ファンドの種類によっては、株式に加え、債券や不動産に投資するものもあります。

図1

あなた自身がすることは、「購入する投資信託(ファンド)を選ぶこと」と「口座をつくること」と「積立の設定をすること」くらいしかありません。誰でも簡単に始めることができます。

2 投資信託(ファンド)を活用するメリット

投資信託を活用するメリットを3つ紹介します。

  1. 運用は、プロにお任せできる。
  2. 少額から投資できる。
  3. 分散投資できる。

一つずつ解説していきましょう。

株式で運用しようとする場合、あなた自身で購入する株式を選択し、購入するタイミングを見極め、さらに利益の出る、または損を確定させるタイミングを見極める必要があります。でもこれって難しくて面倒ですよね。その点、投資信託を活用すれば、株式の選択やタイミングをプロにすべてお任せできるというメリットがあります。

株式を自分で購入する場合、銘柄にもよりますが1回数十万単位で投資をしなければならないことがあります。それは、普通の方には難しいと思います。その点、投資信託を活用すれば、ファンドにもよりますが、最低500円から投資することもできます。500円であれば、ランチ1回分のお金でしょうか。それくらいであれば、誰でも投資するのは難しいことではないと思います。

一括投資と分散投資について説明します。一括投資は「一つの会社の株式(または債券)に投資すること」を言います。一方、分散投資は 「複数の会社の株式(または債券)に投資すること」を言います。ほとんどの投資信託は、「分散投資」です。運用の専門家(ファンドマネージャー)が、投資先の企業を分析し、複数の会社の株式や債券に投資しています。

 

分散投資のメリットは何でしょうか?

それは、リスク回避です。一括投資の場合、株価が暴落したときにリスクが大きいです。一方、分散投資の場合、複数の投資先に投資するため、そのうち一つが暴落しても、全体では少しのマイナスで済む場合もあります。

図2のイメージを見てください。あなたが、仮にX社1社に50万円投資していたとしましょう。1か月後にX社の業績が突然悪化し、倒産してしまいました。その時のあなたの損失は、マイナス50万円になりました。

図2

図3のイメージを見てください。今度は、あなたが仮にファンドを通じて50万円投資していたとしましょう。そのファンドも同様にX社に50万円投資していました。投資信託はみなさんから集めたお金をまとめて投資するので、Y社にも50万円投資しており、さらにZ社にも50万円投資していました。

1か月後、X社は業績悪化により倒産してしまいました。しかし、1か月後にY社の業績は大きく向上し、株価が2倍の100万円になりました。1か月後にZ社は特に株価の変化がなく、50万円のままでした。このときのファンドの収支はどうでしょうか。

  • X社・・・マイナス50万円
  • Y社・・・プラス50万円
  • Z社・・・±0万円

図3

この場合、ファンドの利益や損失は±0万円でした。このとき、X社が倒産したにも関わらず、あなたの50万円には影響しませんでした。

以上のように、一括投資するよりも分散投資することでリスク回避できるというメリットがあります。

3 投資信託(ファンド)を活用するデメリット

次に、投資信託を活用するデメリットを2つ紹介します。

  1. 運用の費用がかかる。
  2. 毎年10%や20%と大きな利益は得にくい。

一つずつ解説していきましょう。

投資信託(ファンド)は、先ほど説明したように、株式の選択 ・購入 ・売却まですべてをファンドマネージャーにお任せします。もちろん、そこには人件費や維持費というものがかかってきます。そのため、投資信託を購入した場合には、年間数%の運用の費用がかかります。もし、ファンドの成績が悪かった場合は、運用の費用分だけ損失が出るということになります。

注意点として、投資信託は、預金とは異なり元本(元となるお金)を保証するという商品ではありません。

投資信託は、先ほど説明したように分散投資をしています。そのため、大きく株価が成長する企業もあれば、株価が低下してしまった企業も含まれている場合があります。そのため、毎年10%や20%といった利益を得るのは難しいです。ただし、投資先の銘柄や経済状況が良い場合には、年10%の利益を出しているファンドもあります。

一方、一括投資で株式に投資した場合、その企業がものすごく成長した場合、1年で株価が2倍や3倍、つまりプラス100%、200%の利益ということもあり得ます。その反面、企業の選定が間違っていたときの代償が大きいこともあります。

4 まとめ

投資信託の仕組み、メリット・デメリットをご理解いただけただろうか?もう一度、ポイントをまとめておきます。

投資信託とは、「みなさんから集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、運用の専門家(ファンドマネージャー)が株式や債券などに投資・運用する商品」。

投資信託のメリットは、「1.運用は、プロにお任せできる。2.少額から投資できる。3.分散投資できる。」

投資信託のデメリットは、「1.運用の費用がかかる。2.毎年10%や20%と大きな利益は得にくい。」